2012年10月29日

麻雀放浪記

機会があって、

映画「麻雀放浪記」の冒頭部分を観る事が出来ました。

敗戦直後の風景とおぼしき景色からスタートします。

唄もまるで蓄音機から流れてくるような音質で、

いきなり映画の時代感に引き込まれます。

そして、

真田さんの学ラン姿!!

若いなぁ。

私的には真田さんの初めてというと、

確か「柳生一族の陰謀」での本当にわっかい頃の印象が強いです。

大きな役ではなかったけど、

初々しさがなんとも言えず、

当時はアイドルだったんじゃないかなぁ。

さて、麻雀放浪記の方ですが、

これ上野でしたね、西郷さんの銅像が見られます。

あの階段を降りていると、

突然名古屋章さんに刃物を突きつけられる真田さん。

いきなりの窮地で実は旧知の間柄だった・・・、なんて。

話の展開も凄いですね。

やっぱり時代なのかなぁ。

これ、白黒だからこういう麻雀放浪記の世界観が出るんでしょうね。

あ〜、続きが観たい(笑)。


で、肝心の「DORA麻雀」の方ですが。

少々忙しくておろそかになってしまいました。

でも、

ルール(と言うか、役)の勉強を始めたので、

牌の見方なんかは少し分かりかけてきたような気もしないでもないかなぁ。

もちろん、駆け引きなんかは以ての外、ではありますが。

今まではゲームとして麻雀を見たことは無かったけど、

面白いですね。

お金を賭けるにはちょっと心許ないですが。


更に詳しい情報はこちらからどうぞ。
対決するのは世界の雀士。DORA麻雀なら手に汗握る対決が出来る!


posted by kobokobo at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。